あのナスの素揚げは忘れられない

私の彼女とのなれそめは友人宅で行われたお泊まり会でした。昨年のゴールデンウィークに私は予定が無く、何処に出掛けるでもなく、そこらで暇つぶしでもしようとしていたところ、友人からLINEでお泊まり会をするから来ないかと誘われ、予定の無い私は二つ返事で参加することを決めました。

当初、私は男友達だけでお泊まり会をするものと思っていたのですが、当日友人のアパートに赴いたところ、部屋には3人の女の子がいてとてもテンションが上がり、少しばかり期待をしていました。

女の子達が手料理をたくさん作ってくれてみんなで食事を楽しんだのですが、料理に茄子の素揚げがあり、私がとても美味しいと言いながら食べていたところ、茄子の素揚げを作った女の子はこの子だよと紹介され、そこからその女の子と話しが盛り上がり、2人で料理の話しをずっとしていました。茄

子の素揚げを作ってくれた女の子こそが現在の私の彼女なのですが、料理が上手という魅力や私自身が料理が好きなので料理の話しで盛り上がり、2人きりで食事に行ったりしているうちに私から彼女に告白をしていました。

ゴールデンウィークに暇をもてあましていたことからお泊まり会に誘われ、料理が美味しいと褒めたら料理好きな女の子と話しが盛り上がり、その女の子ととても話しが合うという偶然が起きて現在に至るわけですが、恋人とのなれそめがこんなところにあるとは私自身思ってもいませんでした。

インターネットで出会った私たち夫婦

インターネットが家庭に普及し始めた頃、プロバイダーのホーム画面内のコンテンツで、フレンド募集的なものがありました。インターネットを楽しみ始めた方向けの、メル友などを募集するコンテンツだったのかもしれません。

そのフレンド募集を利用して、現在でいう出会い系のような形で彼女と出会うことが出来ました。私は彼女募集中、彼女も前カレとの関係が上手くいっていないといった状況で、私が刑掲示板に書き込んだ「一緒に旅行へ行ってくれる彼女募集」を見て、彼女から返信を貰ったところから始まりました。

最初の1ヶ月間は本当にメル友のように、毎日のように、まるで交換日記のような関係から始まりました。2ヶ月後に実際に、旅行に行きそこから本格的に交際が始まりました。途中、前カレの存在で交際を続けることが難しい状況も生まれましたが、何とかそれもクリアしました。

メル友から始まった交際で、電話よりもメールでのやりとりが多かったのも確かでしたし、時間を気にせず毎日コミュニケーションを取ることが出来たのも、二人にとって距離がドンドン近くなったのだと思います。そんな彼女は現在の妻であり、二児の母となっています。

彼氏もできずアラサーを迎えたある日のオフ会で

30歳を過ぎても彼氏もおらず、毎日仕事と家との往復ばかりで。
このまま年をとっていくのかな~なんて風に思ったりしていました。

そんな時、とあるブログでオフ会をやる、というお知らせを読んで、
いつもだったら私の性格上絶対参加しないだろうのに、
気付いたら参加希望メールを送っていたのです。そして、参加することに。

集まってみると、私が一番高齢で。
一歩引いた姿勢で飲み会、カラオケ、ファミレスの流れに。

その時よく私の近くにいたのが、現夫。
後で聞いたら、その時は恋愛感情はなかったらしいのですが。

確実におかしいくらい、不自然に私の近くにいたような?
私としては「もしかして好かれてる・・・のかな?」と思うくらいの態度でした。

後々、メールのアドレスを聞かれて、メールのやり取りをして、
付き合うまでにいろいろありましたが、2年半くらい付き合った後結婚しました。

なので、なんか軽い感じがして嫌なんですが・・・オフ会が私たち夫婦の出会いでした。

あの時参加してなかったら今どうしてたのかな、なんて思うこともあります。
人との出会いって不思議なものですね。

友人が同級生と付き合う・・

私の友人が、学生時代の同級生と付き合うことになりました。友人とその彼女そして私の三人は、学生時代の同級生でした。友人は学生のときから彼女のことが好きだったのですが、当時は彼女に別に付き合っている男性がいたのです。

そのために、友人は学生時代はその彼女と付き合うことができず、よく彼女のことで悩んでいました。彼女のことをどうしても諦めることができなかった友人は、卒業してから十年近く経ってからも、彼女のことを思い続けていました。そして、友人に転機がやってきました。

彼女は長年付き合っていた男性と別れ、フリーとなりました。友人はそのことを知り、すぐに彼女へ自身の思いを告げました。私は彼の一途な気持ちが報われることを願っていました。彼の告白は上手くいき、彼女とカップルになることができたのです。

私は自分のことのように喜びました。やはり、彼の彼女に対する気持ちをずっと見てきましたし、付き合うことになって本当によかったです。彼らは、今現在もカップルとして仲良くやっています。

合コンが彼との出会いのきっかけ

友達に強引に人数合わせで連れて行かれた合コンで、彼と出会いました。彼は私よりも三つ年下なのですが、読書が趣味ですごく知識が豊富で、偶然隣に座ったのですが、色々と面白い話を聞かせてくれて、連絡先を交換しようと言われて交換することにしました。

私はおとなしいタイプで、今まで必ず年上男性しか好きにならなかったのですが、この彼と初めてデートしたときに、年下という感じがしなかったので、少しトキメキを感じました。デートコースもしっかりと調べてくれて、何より会話がとても楽しく、初めてのデートがこんなに楽しいと感じたことはありませんでした。

合コンには何度か参加をしたことがありますが、いつも隅の方で一人でご飯を食べたり、お酒を飲んでいるタイプです。まさかこんなに素敵な出会いがあるとは思いませんでした。毎日メールをして三度目のデートの特に彼から告白をされ、付き合い始めました。

合コンに誘ってくれた友達にはすごく感謝をしましたね。

家柄がきびしくなかなか出会いのなかった先輩

友人でもあり先輩でもあるその男性は、モテないというわけではなく恋愛も過去にはそれなりにしていました。
会社員で安定した収入もあったので独身でいるのが不思議なくらいという感じです。
どうやら彼の家柄が厳しく親が認めないと結婚はさせないという古い考えのご両親で、本人もウンザリしていた様子でした。
年も年なので両親がお見合いの話を持ってきたらしく、乗り気ではなかったですが付き合っている相手もいなかったのでお見合いをするという話になりました。
最初はイヤイヤだった彼もお見合いをしてから数回デートをするうちに気が合ってしまい、なんとお見合いから半年ほどで結婚の話になりました。
それからさらに半年ほどで結婚式も無事に済ませて、今では子どももいるパパになっています。
この時代にお見合いなんてと彼と二人で馬鹿にしていた事が今では嘘みたいです。
こんな時代だからこそ、どこに出会いは落ちているかわかりませんし、恋愛や結婚はタイミングなんだなと実感させられました。